半人前主婦

帰りの遅い夫を待ちながら、今日も三歩進んで二歩下がる

夢の愛妻弁当

「今日のお弁当もまたハズレだったよー」
んーむ、聞こえない、聞こえない。ふり。

夫のお昼ごはんは会社で頼む1食290円の宅配弁当。独身時代からずっと。とにかく安い!
以前からあんまり美味しくないと聞いていたけど、近頃やたらとアピってくる。
後輩の愛妻弁当箱は大き過ぎるからあんなお腹になるんだと、文句を言ってみせたり、
暑くて食欲ないからサラダとか食べたいよねと、妙に健康思考なことを言い出したり、
今日のおかずはうどんだった、まいったよ、にはさすがにびっくりしたけど。白米のおかず、うどんか。ギクリ。
しかし、我が家の生活を考慮した上で、結婚当初からお弁当作りはしない方針を貫いてきた。強引な合意の下。
だって、週1ぷいっとサボった位で、やれコンビニ!やれ外食!で、余計に高くつきそうだし、何より早起き苦手だし、お弁当家庭で育ってないし、そもそもなんかお弁当ってハードル高い。自信ない。
安易に始めて、また挫折なんてこりごりだ。
しかし、夫の愚痴は止まらず。
おかずの半分は残したとか、揚げ物の油が古いのか最近胃が痛いとか。グサリ。
そう、夫がちゃんと食べてないのは嫌なのだ。

ある日、つい弾みで出てしまった、
私「お弁当作ろっか?」の聞こえないほど小さな一言に、
夫「え!いいの?お願い。」と即答。
私「げ?マジ?」の声は、もう彼の耳には届いていなかった。
わけで、意を決してお弁当作りを始めて、あっという間に半年が経ちました。
最初こそ冷凍食品がほとんどを占めるジャンキーなお弁当も、週末の作り置きにハマってからは、だいぶマシになって来た。そして、何より作り置きが楽しい。
元々野菜をひたすら切る作業が好きで、料理をする時もスライサー等は一切使わず、包丁一本で千切りしまっくてきた。人一倍、手もよく切ってきたけど。
そう、野菜を大量に切りまくることのできる、作り置きの下準備が、まぁなんといいストレス発散になってること!!!に気づいた。月に2回の作り置き日は早起きして、一心不乱にざくざくとんとん。清々しい。

不本意な始まりのお弁当作りも、今ではすっかり生活の一部になっている。味を変え色を変え、日々試行錯誤。
新メニューを投入したお昼に、お弁当箱を開けた夫の顔を想像すれば、まぁやれないこともないなぁとニヤける。初の試みの炒飯弁当は当たった、麻婆春雨丼は残念ながらハズレみたい。

こうやって、我が家の生活も少しずつ変わっていくのか。不思議。