読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半人前主婦

帰りの遅い夫を待ちながら、今日も三歩進んで二歩下がる

コツコツ

なんて寒さだ!

先日、大安吉日に神社で厄払いをしてもらい、初市へだるまを買いに街へ出かけた日のこと。
寒い冬は苦手だけど、賑わう街を歩けば、寒さをこらえて組んだ腕に絡める細い腕や、スキップから軽やかに繋がれる親子の手と手や、コートのポケットにぎゅうぎゅう押し込んだ2つの手の不細工な形とか、人と人が自然とくっついてしまうんだよね。どの季節より一層と。
冬も案外悪くないなぁと、あくびのように道行く人々の笑みにつられ、我々もくっついて仲良く歩いた。
歩行者天国になった大通りには、ゴロゴロとだるまが並んでいる。お店によって、顔が全然違うので、まじまじと見て回っては、威勢のいい値引きの声に足を止めた。
こういう時に直感が一致するのは嬉しいことで、最終的に示し合わせたかのように2人共これだ!と思っていた、凛々しいお顔のだるまさんを連れて帰ることにした。お店の人に相談して去年より一回り大きいものを選んだ。
帰るなり、神棚を掃除しお札を並べ、だるまさんの目を慎重に入れ飾った。我が家を見守ってくれていると思うと心強い。
難しいことはわからないけど、厄払いのお札もだるまさんも、きっと応援してくれているはず、ありがたく手を合わせると、気持ちもしゃんと引き締まるね。どうぞ我が家をよろしく!
まとめて用事を済ませたこともあり、なんとも清々しい1日だった。

それからしばらくは、どんな年にしたいか、どんな暮らしをしたいか、当たり前に始まった仕事や通常モードに切り替わった家事に追われながら、考えていた。
ざっくり思っていることを書き留めておこう。

食べ物や日用品など、手づくりできるものは挑戦してみる。
四季折々の行事や産物を楽しむ。
お金と向き合い、お金の悪口を言わない。
自ら新しい出会いの場へ飛び込み、たくさん話を聞く。
料理を人に食べてもらい、作り続ける。
得たものは分け合えるように。
体力をつける。
いっそ素敵な人の真似をしてみる。
夫に八つ当たりしない。
クヨクヨしない。痛くない。

書き並べてみると、何だか当たり前のことばかりだな。
そして、支えてくれた人や去年の自分に、恩返しする!全てはこの一文に尽きるかな?

あと、正直に好きなことをコツコツ追い続けていこうと思う。これ、ずっと引っかかっていたことだけど、「わが好なことをするべし」と、神社でひいたおみくじに書かれていて、ポンっと背中を押された。いつも思いがけずポンっはやって来る。いや、やって来たポンっに気づかなかったり、気づいてもそっぽを向いていたのかも。
でも、ちゃんとやって来るんだ。来たんだ。
いいことは大いに真に受けて、悪いことは笑い飛ばしてこう、鼻唄歌いながら〜てな具合で、ブログも楽しく続けるぞ。

想いがぶわっと広がって、ある程度落ち着いたら、1月も半ばを過ぎていたね。やっと今年の目標らしきものも、ぐっとまとまって来たし、初心忘れずコツコツコツコツ。